Bell-Park

Recruiting

All contents

キーワードをクリックすると、
コンテンツをPICK UP!!

#座談会#教育・研修#新卒採用#社風

誰かの生活を変える
そんな、やりがいがある 

小 松
松 原
Q1
入社のきっかけ、決め手は何ですか?
  • 小松:
  • ベルパークを知ったきっかけは、ベルパークが主催の就活対策セミナーでした。最初は自己分析や企業研究ができると聞いて参加したのですが、よくよく話を聞いてみると、携帯電話の販売代理店だということを知りました。親身になって就活応援をしてくれる会社だなと興味を持って、選考に進みました。
    実際の面接では、イメージしていたような固い面接ではなく、むしろ私の良いところを引き出してくれる面接で、とても楽しかったです。こんな人たちと一緒に働けたら、自信を持って楽しく働けるだろうなと思い、入社を決めました。
  • 松原:
  • 私は、「その会社でどう成長できるのか」「自分が成長できる会社なのか」を軸に企業を選んでいました。
    私が面接を受けた企業は、質問されて答えて終わり、という面接が多かったのです。そんな中で、ベルパークの面接は私の長所・短所を見てくれて、「ここを直せばもっと良くなるよ」と親身になってアドバイスをくれました。ここなら自分も成長できると思い、ベルパークに決めました。私も小松さんと同じく、知ったきっかけはベルパーク主催の就活対策セミナーでした。
Q2
入社してみての印象はどうでしたか?また、ギャップはありましたか?
  • 松原:
  • ギャップは正直ありませんでした!入社前から雰囲気の良さは感じていましたが、入社してみると、思っている以上に雰囲気が良かったです。社会人の人間関係も心配だったのですが、月に1回はみんなで飲みに行ったりするくらい温かく接してくれて、とても働きやすい環境だと思います。
  • 小松:
  • 私は、ベルパークは一人ひとりを大切にしてくれる会社だと思います。福利厚生が整っているだけでなく、毎月店長が面談をしてくれますし、職場環境のヒアリングアンケートもあって、精神的なケアをしっかりしてくれていると思います。おかげで安心して働けています。
    あ、でも、最初auショップ配属と聞いた時は、正直驚きました(笑)てっきりソフトバンクショップに配属だと思っていたので。幸い、元々auユーザーだったので、新しく知識を身に付けるという意味では安心しました(笑)
  • 松原:
  • 私はソフトバンクユーザーだったので、配属を聞いた時は衝撃でしたよ(笑)ソフトバンクに愛着もあったので、最初はauの商品を案内することに違和感がありました。でも仕事を覚えていくうちにauを魅力的に感じるようになったので、最近ソフトバンクから乗り換えちゃった(笑)

Q3
入社後の研修や、今の仕事内容について教えてください。
  • 小松:
  • 入社してすぐは、本社と店舗での研修でした。業務知識や、社会人のマナーなどの座学から始まり、実際の接客を想定してロールプレイングなどを行いました。
    研修後、auショップ赤羽に配属され、まずは操作案内、契約内容変更といった、いわゆるアフターフォロー業務から覚えていきました。今は機種変更、新規契約、他キャリアからの乗り換えなど、端末販売の業務がメインになっています。
  • 松原:
  • 研修で「どう接客するか」という基礎を学んでから、私もauショップ赤羽に配属になりました。現在、色々なお客様と関わりながらアフターフォロー業務や端末販売の業務をしていくなかで、自分自身の「こうしたい」という将来像が見えてきたところです。

2人は同期で同じ店舗に配属ということですが、お互いを比べて不安になることはないですか?

  • 松原:
  • 不安になることはないですね!むしろ同期の存在が心強いです。
  • 小松:
  • 私も、不安より安心の方が強いです。一人じゃないんだって思えるのが嬉しいです。

Q4
仕事のやりがい、また印象に残っていることはありますか?
  • 松原:
  • お客様から「ありがとう」と言ってもらえることもやりがいなのですが、店舗のみんなで努力して目標を達成した時が一番やりがいを感じます。そのやりがいも、お客様あってこそだと思っています。お客様に求められているからこそ、店舗の目標が達成できるのだと感じます。
  • 小松:
  • 私は、自分の頑張り次第でお客様の生活を変えていけることにやりがいを感じます。店舗の実績にも自分の頑張りがはっきり表れるのも、この仕事のおもしろさです。その結果、お客様から「ありがとう」と言っていただけたり、クルーからも「私も頑張ろう」と言ってもらえることもあるので、期待に応えていきたいなと思います。

実績や数字にプレッシャーを感じることはないですか?

  • 松原:
  • 数字が見えると、自分の苦手な部分も見えてくるのですが、そこを自分なりに考えて改善できた時は嬉しいです。なので、数字はプレッシャーというより、頑張るための目標や、モチベーションになっています。
    以前、機種変更のお客様に、ご自宅のネット環境の見直しを提案したことがありました。はじめはお客様も前向きではなかったのですが、「あなたが言うならやるよ」と言ってくださって契約に至ったことがありました。ただ実績を作れただけでなく、お客様から励みになる言葉をいただけたのは嬉しかったです。
  • 小松:
  • 私も以前、乗り換えのご夫婦を対応したことがありました。初めての乗り換えで不安そうだったのですが、何がわからないのかを丁寧にヒアリングし、わかりやすいような説明を心がけて対応しました。すると最後には「小松さんのいるauにして良かった」と言ってくださいました。そのご夫婦は今でもたまにご来店くださって、笑顔で声をかけてくださいます。私個人を気に入っていただけたのは、すごく心に残っています。

Q5
将来やってみたいとはありますか?
  • 松原:
  • 今は入社1年目ということもあり、まだ店長に道を作ってもらっていて、そこに向かって進んでいるような状況です。なので、今後は自分で発信して、人を動かすような立場になっていきたいです。目標は、今の店舗の店長です!
  • 小松:
  • 私も今は接客業務がメインですが、目の前のお客様のことだけでなく、店舗の運営や管理の知識を身に付けていきたい。まだまだ働きやすい環境を作ってもらっている立場なので、今度は副店長・店長としてみんなの働きやすい環境を作ってあげたいです。
    あと、人事部にも憧れがあります。元々ベルパークの人事部に憧れて入社したというのもあるのですが、店舗に優秀な人を採用することで、より働きやすい環境を作ってあげられたらと思います。

Recommend