Bell-Park

Recruiting

人気のキーワード

#キャリアアップ#キャリア入社#ワークライフバランス#働く女性のキャリア#社風

支えてくれる仲間がいる
だからチャレンジできた

ワイモバイル事業G 課長
キャリア入社

ベルパークを選んだ理由

看護師、事務、CAD設計。ベルパークに入社する前に就いていた仕事です。かなり異色の経歴ですが、どれも1年半くらいで転職しました。看護師の仕事は、想像していたよりも患者さんと向き合う機会が少なく、理想とのギャップで退職。別のスキルを身につけようと事務やCADに挑戦しましたが、パソコンと向きあうのは物足りない。それから自分の性格をよく考えました。出た答えは「根っからの人好き」ということ。それに気づいてからは“人とじっくり向き合える仕事”という視点で転職活動をしました。そしてベルパークと出会い、現在に至ります。
この仕事はお客様とじっくり向きあえますし、定期的に来店される方もいます。変化の激しい業界ですが、言い方をかえれば常に刺激がある業界。世界的なトレンドの最前線で働ける業界はなかなかありません。人が好きで、新しいモノが好きな私にはピッタリでした。もちろん会社として安定していることもポイントでした。資本金、会社規模、将来性、そして福利厚生。それらの点でも、やはりベルパークは魅力的でしたね。

エリアマネージャー、課長へ昇格

2014年2月からエリアマネージャーとして7店舗50名のマネジメントをしています。エリアマネージャーというのは、いわば本社と現場のパイプ役です。会社が掲げる方針や目標を現場に伝える。同時に現場の意見を本社に伝え、よりよい環境も創っていく仕事です。自分の発言・行動でメンバーのモチベーションは大きく変わります。それによって店舗の売上げも変わるので影響力が大きい仕事ですね。
私が日々意識しているのはメンバーとの会話です。業務のことはもちろん、プライベートなことなど、あらゆることを気軽に話します。「何でも話せる」「自分のことを理解してくれる」と感じる相手には人は信頼を寄せますよね。信頼関係があれば、自分の意見も積極的に言ってくれるし、こちらの話を親身に聞いてくれます。そんな前向きな雰囲気になると、メンバーは自主的に物事をすすめるようになるんです。実は私を育ててくれた上司も、私のことを理解して、自由にやればいいと言ってくれる方でした。そのおかげで今の自分があると思います。仲間を信頼して、意見を大切にし、のびのびと挑戦させてみる。この風土こそがベルパークだと思います。

チャレンジを支えてくれた仲間

エリアマネージャーになったタイミングで上京してきました。それまでずっと名古屋で暮らしていたので、会う人はほとんど初対面。課長という役職になり、いわゆる管理職という立場なのでプレッシャーも相当ありました。
始めの頃は仕事が思うように進まず、慣れない土地で体調を崩してしまい、休日も家にこもっているだけ。自分から望んだとはいえ、つらい日々でした。でもそんな時期を支えてくれたのはやはり仲間の存在でした。同じタイミングで昇進した仲間と、よく悩みを相談し合いました。ほかにも名古屋で上司だった方々や、他部署の方まで「一杯どうだ?」と気さくに誘ってくれて、弱った心にカツを入れてくれました。そうこうしているうちに仕事にも慣れ、気持ちに余裕を持って取り組めるようになりました。メンバーから業務やプライベートの相談を受けるなど、少しずつ信頼関係を築くことができていると感じました。
この会社にはどんな時でも見守って、支えてくれる人が必ずいます。だからどんなことでも、思いっきりチャレンジできるんでしょうね。次は私がみなさんを見守って支える番ですね。

Recommend